2016年04月20日

ちいさな旅?

昨日、都内の清住庭園にいった。
岩崎弥太郎の住居跡の美しい庭園です。
幕末の志士でもあった岩崎弥太郎は商才があり一代で財を成しました。
そんな血なまぐさい歴史とはかけ離れた佇まいに惹かれて霞と一緒に行きました。

IMG_1720[1].JPG

この日は玄奏霞にぴったりの演奏場所を探すのも目的でした。
都内にいくつもある庭園があり歴史もあり美しい建物を探すことです。
ふたりで電車に乗るのはあまりありません。
普段は車が多いのですが、なんだかデートっぽくて良いものです。
園内には八重桜が最盛期を迎えていました。
霞をモデルにいくつか写真を撮りました。

IMG_1753[1].JPG

マフィアの女みたいな写真になってしまいましたね(笑
何故か八重桜をバックに取ると昭和な感じがするのは僕だけかしらね?
ピンク色の花の前にいると女性は美しく光りますね。

IMG_1761[1].JPG

玄奏霞のコンサートを開きたいなと思う場所がありました。
池の水に浮かんだように見える「涼亭」です。
青い空に浮かぶ茶室は素晴らしい日本美を魅せてくれています。

IMG_1722[1].JPG

IMG_1739[1].JPG

今日の霞は一際光って見えました。
玄奏霞の夢が広がりふたりで創り上げるコンサートや作品が楽しみになってきたのかも知れません。
僕が夢に描いたひとつの夢に向かって歩くことが現実のものになりそうだからです。
初心を忘れず感謝を忘れずに過ごしていれば、いつか叶うものだと信じています。

霞は僕をよく写真に収めてくれます。
この日も僕が一生懸命に鴨を撮っていたらパシャリ
なんだかいつも見てくれていて嬉しい気分です。

IMG_1778[1].JPG

これが撮った鴨

IMG_1767[1].JPG

和まされましたね。

ふたりで歩く清澄庭園は玄奏霞の未来を占うように明るく優しくいてくれました。
結果としては施設内での電気コンセントが使用できないということで諦めることになりました。
非常に残念な気持ちでいっぱいです。
ここは通常コンサートは出来ないのですが琴と三味線だけは出来るそうなんです。
それで色々と計画したのですが残念で仕方ありません。
これから他の施設を目指してふたりで探そうと思います。
玄と霞のちいさなちいさな旅日記は続くのでした。

おまけ清澄にある錣山部屋
怪しいふたり?

IMG_1777[1].JPG

posted by 玄庵 at 08:41| Comment(1) | 旅日記